お客様の声

急な出費があったとき、専業主婦がすぐにお金を借りようと思った場合、総量規制の対象とならない銀行カードローンを利用できます。
ただし、配偶者に安定した収入があることが重要な条件です。
もし配偶者の収入が不安定であったり、無収入であれば融資してもらえる可能性は低くなります。
本人に収入のない専業主婦への融資額は30万から50万を上限とした小口の融資となります。
可能枠内であれば必ず借りられるわけではありません。融資希望額が高ければ申請に必要な書類が増える上に、審査に時間がかかったり通りにくくなります。
また、他の金融機関からの借入や、過去のクレジットカードの利用状況なども審査の際には調べられます。
申し込みから契約まではおおまかに
〈申し込み(窓口やネットから)→ 審査・回答 → 必要書類提出(FAXやネット)→ 契約手続き・カード発行 → コンビニATMなどから融資〉 といった流れです。
ではどうすれば即日融資してもらえるのでしょうか。
まずは、融資を受けたい銀行の口座を持っていることが大切です。
口座を持っていない場合、書類の郵送やカード発行に時間がかかるため即日融資ができません。
次に、申し込む時間です。
カードローンの商品概要に、即日融資の受付可能な時間が記載されていることがありますが、これは申し込む時間ではなく契約を完了した時間です。
時間の記載がなくても申し込み状況や混雑によっては契約までに時間がかかることもあるため、午前中のできるだけ早く申し込むことで即日融資できる可能性が高くなります。
インターネットからの申し込みは24時間可能ですので、もし前日の夜にでも出費が分かっていればスマートフォンやパソコンから申込みをしておいて、 翌日に必要な手続きをするとスムーズに借りることができます。
またインターネット契約やWEB完結申込など便利なサービスをしている銀行もあるので、事前に商品情報や条件を調べて、自分に合った銀行を数ヶ所探しておくことをお勧めします。

このページの先頭へ